Home / 「ゆいろ」とは

「ゆいろ」とは

「ゆいろ」とは、共同でことを為す意味の「結(ゆい)」と、個性を表す「色(いろ)」を組み合わせた造語です。
将来「食×デザイン」をテーマにしたシェアアトリエを運営したいという夢があり、現在その夢に向かって活動中。

チームでモノづくりをすることによって、個性と個性が混ざり合い、より複雑な色を生み出していって面白いものができるのではないかと思っています。

 

■「ゆいろ」の管理人

岩瀬 友理(いわせ ゆり)

Webデザイナー。
名古屋大学法学部を卒業後、ゼミの教授の紹介で法律事務所に勤める。

結婚を機に法律事務所を辞め、10年間の主婦生活を経てアパレル会社のWeb制作チームにアルバイトで入り、それ以降Webデザイナーとして働いている。

夫の転勤のため、名古屋・東京・札幌と転々とする中、建築会社、Web制作会社、ポータルサイト運営会社などで、商品紹介Flash制作、コンビニサイト制作、企業の採用サイト、ECサイト、ポータルサイト運営などに関わる。

派遣でいろいろな企業で勤めているうちにチームワークの持つ力に気づかされ、クリエイターが作業場をシェアして活動するシェアアトリエを作ることを考え始める。

東京でいくつかのシェアアトリエのボランティアスタッフをするなどし、自分の好きな食べることを活かした「デザインと食」をテーマにしたカフェとシェアアトリエを実現しようと活動中。
現在、浅草の雷門から徒歩2分のシェアアトリエ「Creative Space KAMINARI」の屋上階で実験を始めている。

その他、期間限定のコンセプトカフェを運営したり、北海道の食に関するイベントをするなど、食に関する分野にも徐々に活動を広げている。
北海道フードマイスター、建築CAD2級、小型船舶2級、自動二輪(中型)の免許を持つ。

■活動内容
・「インストールの途中だビル」サポートスタッフ(2013年~2015年)
・Creaitive Hub 131内「社員食堂Lab.」サイト制作(2015年)
・札幌市電カフェ(2015年11月)
・北海道ナイト「札幌大球」(2017年10月)
・北海道ナイト「昆布」(2018年2月)
・シェアキッチン「基地キッチン」運営サポート(2017年12月~)
・リノベリングアソシエイト(2018年7月~)

保存

保存

Scroll To Top